ダーツ上達

ソフトダーツのバレルの選び方とその役目

マイダーツを手にするときに注意しなければならないのが「バレル」である。フライトやシャフトは割と安価に後から買い換えることもできるが、バレルは新しいダーツを購入するくらいのコストがかかる。ダーツを投げたときの感覚やボードに刺さるときの感覚もこのバレルで変わってくると考えて良いであろう。ダーツを購入する場合のコストの殆どがこのバレル代と考えてよい。最初から安価なダーツ(バレル)を数多く手に入れるつもりで購入する気であれば問題ないが、高価なダーツを使い続けていく気で購入するのであればそれなりに吟味が必要である。二本目のバレルや熟練者のダーツ選びは説明するまでもないので、今回は割愛させていただくのでその点はご了承頂きたい。

ただ、バレルのせいでダーツが上達しないとかバレルのせいでうまく刺さらないということはないのでソレは肝に銘じてダーツ選びをしてほしい。レートが上がらないのがバレルの違いによるものであることは稀であり、レートが上がらないのは自分の腕が未熟なことが原因である。よっぽど癖のあるダーツを最初から使っている場合を除き、うまくいかないのでバレルを変えるという必要はないことを覚えていく必要がある。バレルを変えればスコアが伸びるというものではない。

さ、それを踏まえてバレルの選び方であるが、一般的に「軸が太くて短めな重量のあるバレル」が投げ易いと言われる。これは誰に聞いても模範解答のように同じ答えが返ってくるはずである。まだダーツを始めて間もなく、まずは1セット目のダーツ購入を考えているのであれば購入予定のリストの中に一種類は入れておく必要があると思う。バレルの材質(素材)の代表的なものには「タングステン」と呼ばれるものと「ブラス」と呼ばれるものがあり、同じ質量であればタングステンのほうが重く、バレルのほうが軽い。品数で見れば圧倒的にタングステン素材のものが多いが、初心者でしっかりと握った感じを掴みつつ投げ方を覚えて行きたいのであればブラスで少し太めにデザインされたものをチョイスするのが望ましいであろう。まずブラス(真鍮)のダーツで経験を積み。慣れてきたらタングステンの細身のダーツを入手するのが良い。そのためというわけではないが、ブラスのバレルは耐久性もタングステンほど高くはなく、ちょうど慣れてきたころに次のダーツを考えるというペースでちょうどよいのではないかと思われる。二本目はぜひともタングステンの細身で細かい調整が可能で、同じところに刺さりやすいダーツを選んで頂きたい。


このページの先頭へ