ダーツ上達

ダーツを投げるときのグリップのコツ

ダーツを投げ始めると自分のフォームやグリップが正しいのか、自分に合っているのか疑問に感じることがあると思う。熟練者に聞いてみても個別に好みやスタイルがあるものなので「自分が投げやすいように投げたらよい」としか助言できないのが普通なのである。特殊な投げ方で好成績を上げるプレイヤーも数多く存在するが、初期の段階で気をつけることは変なクセが付かないようにすることである。

最初に投げ始めるときにグリップの説明を受け、勘違いしやすい日本語が「鉛筆を持つように」である。分かり易い日本語で、分かり易い伝達方法であるがこれには大きな落とし穴がある。実際に鉛筆を握ってみるとわかるが、中指は人差し指より手のひら側に入り込み、鉛筆は中指の側面に当たるのではないかと思われる。実際にこのグリップでダーツを投げる癖がついてしまうと少々厄介である。実際は人差し指と中指は並ぶのが通常で、ダーツは指の腹に当たる。ダーツが側面に当たっていて何が悪いのかと言うと、リリースの瞬間(ダーツを投げるときに最終的に指からダーツが離れる瞬間)に中指でダーツを弾いてしまう場合が多いからである。そんなことはないと思っていても、いざ投げてみると重要な局面ほど力が入り中指でダーツを弾く可能性が大きくなる。この「鉛筆を持つように」握るクセが付いているプレイヤーは結構多く見られるので要注意である。

変なクセとは逆に、付けておいたほうが良いクセがダーツの重心を見るクセである。ハウスダーツだろうがマイダーツだろうが重心はある。実際に投げるのは好きなように投げて良いが、自分が今ダーツの重心に対してどの辺りをグリップして投げているかを把握することが非常に大切である。今どこをグリップして投げていたかを把握することによって、初めて次のスローでの修正が可能になる。重心か重心の少し後ろを握るのが一般的ではあるが、実際に自分がどこを握って投げるとどのような軌道になるのか知っていれば、後々様々な場面でソレが生きてくるようになる。

以上の二点さえ注意していれば、後は自由に投げて大いに楽しめば良いであろう。数をこなしていけばそのうちスローのコツが分かるようになり、自分での調整も可能になってくるはずである。


このページの先頭へ