ダーツ上達

継続は力なり~ダーツ上達のための方法

ダーツを始めてしばらく経過し、マイダーツを手にして投げるようになると更なるレベルアップの欲望が出てくる。しかしなかなか上達せずにいる中級者の方は結構いるのではないだろうか。実際に中級者と言えるところまで経験を積んでいればそのまま継続して上級者へと腕を上げて行くことは可能であろうが、問題は初心者から中級者へのステップアップの段階である。よほど恵まれた環境にない限り、この段階でダーツをやめてしまうプレイヤーは多いであろう。

その理由の1つとして挙げられるのが、プレイの場所の確保ができないことである。経済的に恵まれている状況であればダーツバーに通ったり、ダーツマシンを丸ごとリースしたりするのであろうがコストもバカにはならない。自宅に安価なダーツボードを置いてしまうのも1つの手だが、このダーツボードもよく考えて選ばないと投げなくなる。自宅でソフトダーツを投げると良くわかるが、刺さったときの「ガスッ!」という音は結構大きい。大草原の一軒家に住んでいるならそんなに気にする必要もないが、日本のある程度栄えた地域で生きていく限り近所への迷惑には気を使う必要があるであろう。ソフトダーツのティップをハードダーツのものに変えて投げれば騒音は抑えられるが、今度は壁に刺さったときにできる穴の対策を考える必要がある。

やはりちゃんとしたダーツマシンで投げたいのであれば、ダーツバーではなくネットカフェやアミューズメントスポットのダーツコーナーがお勧めである。カウントアップ一回100円で投げれればソコソコ楽しめるであろう。他にもショップに併設のマシンであれば、上級者に手ほどきを受けながら練習できたりする場所もある。また、夜は本格的なダーツバーだが、昼間の時間に安価な料金で投げれたり、夕方の特定の時間までハッピーアワーで安く投げれたりする場所もある。

いずれにせよ、長くやっている人は結構そういったスポットに詳しかったりする。ショップなどで声をかけると情報の交換ができたりするので、顔見知りであればぜひとも声をかけて見てほしいものである。


このページの先頭へ