ダーツ上達

脱・初心者!ダーツで上達するためのコツ

ダーツを初めてプレイしているうちはボードにダーツが刺さることが嬉しく、カウントアップで点数が低くても楽しくゲームができれば満足である。しかししばらくすると、ただ投げているだけでは物足りなくなってきてレーティングや点数や対戦成績の向上を望むようになってくるのではないだろうか。

ダーツの上達にはいくつかのコツがある。ただ闇雲に投げているだけでも最初のうちはルールなどが分かってくることで上達したという感じを受けはするが、実際に技術的に上達しているかは別の話である。では、どのようにして腕を上げていけばよいかという話になってくるが、初心者が良く陥りがちなのがツールに凝りだすという現象である。

当然、ある程度のレベルに達してくればツールは重要であり、バレルやフライトの性質で成績が左右されることもあると思うが、初心者の段階ではあまり意味がない。それよりもまず自分のスタイルを確立させるのが何より大切なのである。

最初に確認しなければならない大切な項目は、まず効き目の把握である。両目を開けた状態でどこか一点を指差し、その状態で片方の目を閉じる。指差した場所を確認して右目、左目、どちらがその指差した一点に近いかを把握しよう。これはあくまでも効き目を「把握する」のが目的であって、効き目が右だから右を前にしてスローする必要があるとかその逆だとかを決めるものではない。効き目がどちらかを把握することで自分の状態を把握することが重要なのである。

次に重要なのがスタンスやグリップをコロコロ変えないことである。成績が伸びないからと色々なスタンスやグリップで投げる人を見かけるが、効き目の把握と同じく自分の状態を把握する必要があるのである。投げるフォームに疑問があったとしても一つのスタイルでまず自分のフォームを固定し、変えていくのはそれからである。最初から頻繁にフォームを変えていては、どこに原因があり、何を変えたらよいのかが分からないまま闇雲にフォームを変えていくという結果になる。そうならないためにもまず、自分のスタイルを確定させることが最優先なのである。

大きくはこの二つであるが、上達することを焦らないことが最優先であり、まず自分の状態を把握することから始めてみよう。「自分はこのスタンス・グリップでこのように投げていて、結果このようになる。」と、状態がはっきりわかっていればそこから微修正を行ってフォームを改善していく、もしくはパーツを交換してみるというのが上達への一番の近道である。


このページの先頭へ