ダーツ上達

ダーツを始める第一歩~ダーツの持ち方~

最初のころはダーツの持ち方で悩む人もいるのではないだろうか。教える人によってもバラつきがあり「自分が投げやすいように投げたらよい」などと言われ、「投げやすいけどこれで本当に正しい持ち方なのか?」と疑問を抱く瞬間も多々あると思う。実際に初心者の人が「ダーツの持ち方ってこうですか?」と熟練者に聞いている姿も良く見かける。

結論から言うと、あなたが投げているそのダーツの持ち方で良い。ダーツを投げてボードに刺さらないことがあったとしても、前に投げれて周りの人に刺さってなければそれで良いのである。

よほど最初から日本で有数のプレイヤーになるという強い意志があり、上達が義務付けられているのであればおそらくそれなりの人に教わっているはずである。そうではなくて今、ダーツの持ち方を周りの人に聞く必要にあるプレイヤーであれば、今持っている持ち方で問題はない。

ボードに刺さらないのは握り方の問題ではなく、リリースのタイミングや力の入れ方に問題があるのであって、持ち方に起因するものではない場合が殆どである。ダーツは基本的には2本の指で挟むように持つ。2本の指で不安定さを感じるのであればその他の指を添えて安定させる。その指が何指であろうと「間違った持ち方」ではない。まずは自分が投げたいように投げて自分のスタイルを固定させることが重要である。どのような持ち方でも形が決まっていれば、そこから修正点を探すことは可能であるが、今から始める人に、その人に合った投げ方を見極めるのは至難の技である。

あなたが初心者なのであれば、そんな愚問で熟練者を悩ませるのはやめてあげよう。


このページの先頭へ