ダーツ上達

管理人オススメサイト!

脱毛エステなら脱毛エステサロンの人気ランキングとエステの基礎知識 【美肌宣言】が一番!
名古屋でブライダルエステをするならやっぱりブライダルエステ名古屋ならnagomiがいいですよ!

ソフトダーツのフライトの形状とその役目

マイダーツを手にすると、色々なパーツに目を奪われることになるであろう。様々な色、形状、大きさなどなど。今回はその中でも一番デザインの多いフライトに着目してみたいと思う。

ダーツショップに行ったことがある人なら分かると思うが、店頭には数多くのフライトがある。色はもちろんのことデザインも形状も大きさも多種多様なものが取り揃えてあり、選ぶのに迷う人もいるのではないだろうか。

まず、このフライトがダーツのどのような役目をしているパーツなのかというと、投げたダーツの姿勢を制御しボードに刺さりやすくするためのパーツなのである。実際にどのような制御をしてるのかを見てみるには、フライトをつけないダーツをボードに向かって投げてみると良くわかる。投げられたダーツは力の加えられた方向に回転をするのでフライトのないダーツであれば、ボードに当たることはあっても刺さることは稀であることが分かるであろう。ダーツがティップのほうからまっすぐにボードに刺さるように姿勢を保つのがフライトの役目である。

フライトの形状や大きさには様々なものがあるがフライトの面積が大きいほど、このダーツの姿勢を保つ効果が大きく発揮される。あなたが初心者でなかなかダーツボードにダーツが刺さらないといった現象が多く発生するのであれば、少し大き目のフライトを選ぶほうが良い。しかし、姿勢を制御するということは、裏を返せば狙ったところに刺さらすに投げた軌道に修正が入るということでもある。あなたがダーツを投げていて、狙ったところの近くにダーツは刺さるが、なかなか狙ったところに刺さらないということであれば少しフライトを小さくしてみるのも良いであろう。軌道の修正は小さくなるが、狙ったところにダーツが刺さりやすいようになる。

また、ダーツの腕の上達も当然だが何より楽しく投げたいというのであれば、デザインから入るのも良いと思う。話題づくりに変わったデザインのフライトを装着して投げるというのも選択肢としてある。ダーツを投げる際、リリース後の風圧でフライトが回転するものもある。そのほかにもデザインや形状を複数用意しておき、その日の気分や状態によってフライトを変えて投げるのも良い。

フライトはティップと同じくダーツのパーツの中では消耗しやすいパーツの一つである。そのことも踏まえて自分に合った素敵なフライトを用意してダーツを楽しんでほしい。

投げるだけではつまらない~ダーツで自分のレーティングを把握する~

ダーツを始めてしばらくすると、ただ投げる状態から狙って投げれるようになってくる。狙って投げれるようになるとやはり対戦成績も気になるようになり、自分の状態を把握したいと思いだすのではないだろうか。ダーツにはそんな向上心にあふれるプレイヤーのために自分の成績を記憶させ、自分のレーティングを把握することができるカードがある。

おそらく、ダーツショップなどで1000円くらいで売られているカードを見かけたことはあるであろう。あのカードはゲームをするときにマシンに挿入することによって、自分のゲームの成績を記憶させ、一人で遊ぶときの相手のコンピュータの強さを調整したり、自分のデータを記憶させ、オンライン対戦で相手にその内容を見せたりすることができる。

名前を自分で決めたり、過去の成績を見たり、自分のレーティングを確認したりと結構楽しめるカードである。ぜひ早い段階でカードを作り、自分の向上っぷりを把握してほしい。徐々に上達しているのを数字で見ることができれば、更にダーツが楽しくなることは間違いない。何よりも途中で止めることなく継続してプレイしていれば、自然と上達していくものである。

そしてもう一つ重要な上達ポイントは、たまには上級者とプレイすること。自分よりワンランク、それ以上に腕のあるプレイヤーとプレイすることで、スタイルからショップのなどの様々な情報を耳にすることができるはずである。情報だけで上手になることはないが、中には上達に生きる情報もあるであろう。いつも決まったメンバーとプレイするのも楽しいが、チーム戦などでショップで出会った上級者に遊んでもらうのも楽しいものである。

継続は力なり~ダーツ上達のための方法

ダーツを始めてしばらく経過し、マイダーツを手にして投げるようになると更なるレベルアップの欲望が出てくる。しかしなかなか上達せずにいる中級者の方は結構いるのではないだろうか。実際に中級者と言えるところまで経験を積んでいればそのまま継続して上級者へと腕を上げて行くことは可能であろうが、問題は初心者から中級者へのステップアップの段階である。よほど恵まれた環境にない限り、この段階でダーツをやめてしまうプレイヤーは多いであろう。

その理由の1つとして挙げられるのが、プレイの場所の確保ができないことである。経済的に恵まれている状況であればダーツバーに通ったり、ダーツマシンを丸ごとリースしたりするのであろうがコストもバカにはならない。自宅に安価なダーツボードを置いてしまうのも1つの手だが、このダーツボードもよく考えて選ばないと投げなくなる。自宅でソフトダーツを投げると良くわかるが、刺さったときの「ガスッ!」という音は結構大きい。大草原の一軒家に住んでいるならそんなに気にする必要もないが、日本のある程度栄えた地域で生きていく限り近所への迷惑には気を使う必要があるであろう。ソフトダーツのティップをハードダーツのものに変えて投げれば騒音は抑えられるが、今度は壁に刺さったときにできる穴の対策を考える必要がある。

やはりちゃんとしたダーツマシンで投げたいのであれば、ダーツバーではなくネットカフェやアミューズメントスポットのダーツコーナーがお勧めである。カウントアップ一回100円で投げれればソコソコ楽しめるであろう。他にもショップに併設のマシンであれば、上級者に手ほどきを受けながら練習できたりする場所もある。また、夜は本格的なダーツバーだが、昼間の時間に安価な料金で投げれたり、夕方の特定の時間までハッピーアワーで安く投げれたりする場所もある。

いずれにせよ、長くやっている人は結構そういったスポットに詳しかったりする。ショップなどで声をかけると情報の交換ができたりするので、顔見知りであればぜひとも声をかけて見てほしいものである。

こんなにある!簡単なダーツのルールとゲームを学ぶための心得

ダーツを始めると色々なゲームがあることに驚くであろう。あまりにゲームが色々あるので、覚えるのも一苦労と思いがちだが…基本的な考え方は全て同じである。まず、ダーツは3回(3本)投げて1ラウンドであることが基本である。的に刺さろうが、刺さらずに落下しようが、三回投げた時点で1ラウンド終了である。実際は初心者と一緒に行くと、刺さらないことが多々あったりするので拾って投げることもあると思うが…。線から3回投げたら1ラウンド終了で次のプレイヤーと交代する。交代の時には刺さった自分のダーツを抜いて、ダーツマシンの赤いボタンで自分のラウンドを終了させることを忘れずに。

点数は加算されるもの、減算されるものなど様々あるが、ダーツボードの円の外に書かれている数字がそのエリアの得点になる。20等分されたピザのひとかけらひとかけらに点数が付いていると思えば分かりやすい。ひとかけらのピザの真ん中の狭い部分は点数が3倍。ショップによってはソーセージなどが入っている、ピザの外側の淵の部分は2倍の点数である。

さて、実際にまず覚えるゲームは「カウントアップ」と呼ばれるものであろう。単純にダーツの刺さった場所を点数にして加算していくゲームである。

次に覚えるであろうゲームが「ゼロワン(01)」である。これは一定の数字から刺さった場所の点数を減点して行き、ちょうどゼロになることを目的として進めていくゲームである。

最初は3本のダーツが刺されば遊べるゲームからはじめ、少しずつ狙う必要があるゲームへとレベルアップしていけば良い。常に真ん中(BULL)を狙うゲーム、指示された場所を狙うゲーム、自分で戦略を立てて狙って投げる必要のあるゲーム、すごろくのように進んでいくゲーム、皆で遊ぶときに適したゲームと様々なゲームがある。

いずれにせよ、決められた場所から3回投げて次のプレイヤーと交代というのが基本的な流れである。中には3本目の状況によって更に3本投げるゲームなどもあるが、そんな状況のときは周りが教えてくれるはずである。適当に楽しくやっていればそのうち覚えるので、最初のうちは積極的に投げに行くべきである。

ネットで選ぶか店舗を探すか~ダーツショップを選ぶときの心得~

ダーツを始めるとすぐに手にしたくなるのがマイダーツである。ショップにある安っぽいハウスダーツで投げるのも悪くないが、上達したいとか長く続けたいとか思っているのなら、迷わずマイダーツを購入するべきである。ハウスダーツとは比べ物にならない投げやすさとデザインを兼ね備えている割には安価で手に入るものもあるのがダーツの特徴である。安いものだと1000円程度で手に入る。

さて、いざ、ダーツを購入するときに気になるのが、店舗で購入するかネットショップで購入するかという点である。どちらも一長一短があると思うが、既に友人のダーツなどを投げたことがあり、どのようなものを購入するかがある程度決まっているのであればネットショップで購入も良いであろう。ハウスダーツ以外のダーツを全く握ったことも投げたこともなく、ためし投げをしてみたいのであれば店舗を探したほうが良い場合もある。それぞれのメリットを挙げると、ネットショップでは何より品数が豊富であることが挙げられる。マニアックなダーツでも割と簡単に見つけることができる。実店舗を持つショップのメリットは、実物が見れるということである。ショップによっては試し投げをさせてくれる店舗もある。また、店員と仲良くなれば色々と教えてくれることもある。店員が話好きなのをメリットと考えるかデメリットと考えるかは人それぞれであろうが、大会への出場なども考えていたりするのであれば、ショップの店員は良い情報源になる場合が多い。

デメリットはその逆である。実物を見ることができないネットショップでは、色や質感が思っていたのと違ったということは発生しうる。店舗であれば店の品揃えによっては少ない中から選ぶという状況も起こりえる。一番良いのは店舗で実物を見て投げる感覚を掴んでから、ネットでサイズを元に商品を購入するのが良いのではないかと思う。

ショップの店員や経験者に相談した場合、どんなプレイヤーも最初に投げるダーツは同じ形状を勧められる。「ダーツ初心者で…」というと大抵「太目で握りやすいバレル、長めのシャフト、六角形のフライトを…」と言われるのがオチである。人に相談する野もよいが、自分で気に入ったダーツを購入するほうが大切に投げるのではないだろうか。相談もいいと思うが、最後は自分で決定して好きなデザインのダーツを好きなだけ投げればよいと思う。絶対そのほうが楽しめる。

サイトマップ

関連リンク集1

箕面市ダーツ協会
箕面市を中心として活動しているダーツ団体のサイトです

超初心者からでも上達できるダーツ入門
ダーツ初心者、入門者必見! ダーツが上手くなるコツから、ルールや用語についてわかりやすく解説

ダーツしようよ!
東海エリアのダーツ情報

ダーツショップDARTS HiVe(ダーツハイブ)
ダーツ、dartsを楽しむ全ての人に日本最大級のダーツショップ

ブルズアイダーツショップ
ブルズアイダーツショップは世界のダーツ用品を販売しております★ネームフライト(オリジナルフライト)も製作も承っております。また、話題の吹き矢、エアダーツもお取り扱いしております。

サラリーマンのダーツ道
サラリーマンの為のダーツ情報をお届けします!

ダーツの投げ方上達法 ~ライバルに差をつける練習ノウハウ~
当サイトは、このようなお悩みを持つダーツァーの方におススメの、ダーツの投げ方上達法ノウハウを人気ランキングでご紹介しています。

相互リンク募集

ダーツ上達

<a href=”http://www.american-idol-pictures.com/” target=”_blank”>ダーツ上達</a>
紹介文:お好きな紹介文を掲載してください。宜しくお願いいたします。


ダーツ上達


関連リンク集1
関連リンク集1~2の相互リンクサイトをすべてリンク集1にまとめました。

このページの先頭へ