ダーツ上達

遊びを仕事に~ダーツのプロになる方法~

ダーツにも他の競技と同じく、ある一定の条件を満たせばプロになることができる。ダーツのプロになるためにはプロテストに合格する必要があり、プロになると出場できる大会も増える。

では、ダーツのプロで生活していくことは可能かどうかという話になると、正直日本国内で活動していくのであれば少々厳しいといわざるを得ない。まず、日本国内のプロトーナメントの賞金であるが、優勝賞金100万円を超える大会はほとんど無いに等しい。自分が使っているダーツを商品として売り出してくれるような企業スポンサーが付かないことにはダーツのプロとしてダーツのみで生活していくことは難しいであろう。

どうしてもダーツのプロで生活していきたいと思うのであれば、日本だけではなく海外にも目を向ける必要がある。海外のダーツの大会であれば優勝賞金の大きな大会も存在する。海外の強豪相手に互角以上に戦えるのであればダーツのゲームだけを繰り返して生活していくことも夢ではない。しかし、当然ながら日本国内も含めトーナメントへの参加費用は自腹である。海外に出るためにはまず日本で太刀打ちできる相手がいないぐらいのレベルは必要であろう。

そう考えるとダーツのプロでなおかつダーツのトーナメント賞金だけで生活していくのは非常に狭き門だということになる。ただ、もちろん不可能なわけではない。国内でトップレベルは当然のこと、海外へ遠征して成績を残していけば決して不可能なことではないのである。

世界から見た日本のダーツのレベルは決して高いほうではない。しかしその考えを改めるくらいのテクニックを持ったプレイヤーが出てくれば、日本がダーツで有名な国になることもあるかもしれない。ぜひ、国内だけでなく世界で活躍するようなプレイヤーが育って欲しいものである。


このページの先頭へ